サンプル画像

歴史と反射区

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

リフレクソロジーをいつどこで誰が始めたのかは未だにはっきり解明されていませんが、中国やエジプト、インド、アメリカなどでは昔から行われていたようです。
そのことは、エジプトの約4500年前の壁画や運殿アユルベーダの記述からも証明されています。
リフレクソロジーが現在のような形態に確立されたのは19世紀初期で、アメリカ人医師ウィリアム・フィッツジェラルド博士がゾーンセラピーを始め、近代リフレクソロジーの基礎を築きました。
博士は身体の一部分への刺激が身体の関連する部分に作用し、その器官に影響を与えるということを発見しました。
そしてアメリカの物理療法士インガム女史がこの考えを推し進め、足の反射療法の理論と技術を確立したのです。
その後沢山の国々でリフレクソロジーが発展し現在に至っています。

また、私たちの足の裏には全身の器官に繋がっている反射区と呼ばれるツボのようなものがあります。
この反射区に特別なトリートメントを行うことで血液やリンパの流れを改善するのがリフレクソロジー(足裏健康法)です。
足には神経の末端が集中しており、その数はおよそ7200にもなると言われています。
その為、足のリフレクソロジーは身体が健康な状態に戻るのを助け、本来持っている自然治癒力を活性化させるのです。
足の反射区は体の全ての部分とエネルギーの通り道(チャネル)と繋がっており、この反射区に一定の刺激を与えることによりエネルギーチャネルがクリアになり、
身体が本来持っている癒しのエネルギーが滞りなく流れるようになるのです。
その為、リフレクソロジーはストレスを解消し血液循環を促進し、身体のバランスを回復するなど、素晴らしい効果を実感することが出来るリラクゼーションの方法と言えるでしょう。