サンプル画像

リフレクソロジー

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

リフレクソロジーの歴史は遠くエジプトやインド、中国にまでさかのぼり、現在も世界各国で様々な形で行われています。
リフレクソロジーの考え方は身体の各部分に反応する足の反射作用を利用した療法で手と指による足底への刺激を体の各部位へ反射させ、身体の恒常性を保たせようとするものです。

また、リフレクソロジーはストレスを軽減し深いリラックスをもたらしたり、血液やリンパの流れを良くし体内の老廃物の排泄を促進し、心身のバランスを取ってエネルギーを高めると言われています。

一般的にリフレクソロジーは東洋式と英国式が知られていますが、東洋式は指の関節を使って行われる為、強い痛みを伴うことが多く、反対に英国式はソフトなタッチで行われリラクゼーションが得られるスタイルのようです。

英国式とは主に欧米で発展したリフレクソロジーに対して使われている呼び方で、英国式という方式は実際には無いようです。
刺激に弱く痛みをストレスと捉える欧米人のリフレクソロジーはかなりソフトタッチで、日本人には少し物足りなく感じることが多いようです。
その為、欧米式をもとにリラクゼーションも重視し、気持ちいい程度の刺激を与える形にアレンジしたものが英国式と呼ばれているようです。
東洋式とはスイス人のカトリック宣教師のジョセフ神父が布教活動の為に訪れた台湾でリフレクソロジーを人々にやってあげたのが始まりのようです。
その後、中国やシンガポール、マレーシアに紹介して徐々に広まっていきました。
ジョセフを中国語にすると若石になることから東洋式(中国式・台湾式)リフレクソロジーは若石健康法とも呼ばわれています。
東洋式のリフレクソロジーは指の関節を使って行われるので強い痛みを伴うことが多く、最近ではアロマテラピーと組み合わせたり、アレンジして行われることが多いようです。