岩盤浴

リラクゼーション、特に体の芯から温まる効果があるとして岩盤浴があります。
岩盤浴とは温かい岩盤の上に横になって汗を流す水の無いお風呂のことで、サウナのようなものです。
温めた天然鉱石から放出される遠赤外線が体内を刺激し、新陳代謝を促進させ大量の汗と共に老廃物を排出します。
その為、岩盤浴は遠赤外線熱エネルギーによる発汗作用とマイナスイオンによるリラクゼーション効果、低温のリラックスした状態での温熱効果を期待することが出来ます。
また、岩盤浴でよく使用されている岩盤はゲルマニウムを多く含む鉱石で、温度や光、電磁波などの刺激でマイナス電子を放出体内に送り中和させ、継続的な刺激を与える性質があります。
その為、よりリラクゼーション効果を得ることが出来るのです。
ストレスが溜まっておられる方、一度岩盤浴に足を運んでみて下さい。

岩盤浴はお湯の中に入るわけではなく、温められた天然石の岩盤の上に静かに身体を横たえるだけの温浴です。
岩盤浴の温かい石からは遠赤外線が放射され身体の芯まで温めてくれます。
その為、ゆっくりと発汗作用が現れてサラサラの汗がじんわりと滲み出てきます。
また、身体を横たえている天然石からはマイナスイオンも発生しているのです。
マイナスイオンは空気の澄んだ森林や高原などに多く存在すると言われており、空気中に存在する放射線などから分離したマイナス電気を帯びた物質で見ることも
触れることも出来ません。
そして、体内に入ると新陳代謝を促進しリラクゼーション効果があると言われています。
岩盤浴は遠赤外線とマイナスイオンの働きによって小さな粒のサラサラな良い汗をかき、新陳代謝を高めて人間の身体に備わっている自然治癒力を強めてくれる、
健康的で新しいリラクゼーション法の一つであることを覚えておきましょう。

オーラソーマ

オーラソーマのオーラ(Aura)は光、ソーマ(Soma)は身体を表現しており、オーラソーマ(Aura-Soma)には「人間は光の存在」というメッセージが込められています。
オーラソーマは1983年にイギリスのヴィッキー・ウォール女史によって奇跡的に生み出されたカラーセラピーの一種で、現在世界60カ国以上で注目を浴びており、
日本では1995年ごろから一般的に利用されるようになりました。
オーラソーマは色を通じて毎日の生活の中に自然界の生きたエネルギーを取り入れ、心と身体のバランスを整えて自己治癒力を活性化させ、最も自分が幸せだと感じる
芳香に導いてくれるリラクゼーションの方法です。
また、オーラソーマはあなたの本質、あなたが何の為にこの世に生まれてきたのかを教えてくれるカラーセラピーでもあります。

カラーセラピーとは日常生活の中に色を取り入れて心や身体に安らぎを与え、バランスの取れた健康な状態を取り戻そうというリラクゼーションの一つです。
オーラソーマもこのカラーセラピーの一種です。
しかし、従来のカラーセラピーとオーラソーマが大きく違うのは、オーラソーマはとても奥の深い理論に裏付けられたセラピーだということです。
オーラソーマはもちろん科学的な理論にも基づいていますが、それよりも大きな真理と神秘に満ちたセラピーでもあります。
占星術やユダヤの秘教カバラ、中国の易、タロットなどの神秘の世界と深く関わっており、その神秘の部分が自分が知らなかった部分、今まで抑制していた部分、
もっと奥深い部分という、目には見えないけれど自分の人生に大きな影響を与えている部分を知ることが出来るのです。
現在オーラソーマは個人の意識の進化と個性を引き出す色彩を超えたツールとして位置づけられ、イクイリブリアムボトルのほか様々なプロダクツと共に
カラーケアシステムと呼ばれ、ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアなど世界各国に広まっています。

アロマテラピー

アロマテラピーとは薬草や花などの香りによって心と身体を健康にする芳香療法でリラクゼーションの一つです。
香りが脳を刺激し、ホルモンの分泌を調整したり、免疫力を高めたり、心身のトラブルを予防して改善してくれます。
このアロマテラピーは気休めではありません。
現代ではエッセンシャルオイルに含まれる成分の研究が推し進められ、人間が本来持っている自然治癒力に働きかける有効な手段として注目されています。
植物の力を利用するアロマテラピーは使いかたさえ間違えなければ自然の大いなる力が健康で美しい体を取り戻すサポートをしてくれます。
もちろん効果が現れるのは体だけではありません。
アロマテラピーの最大の魅力は心理的にも働きかけてくれる点です。
ストレスの多い現代社会の中で、アロマテラピーは私たちの強い味方になってくれるでしょう。

香りの効能を取り入れるアロマテラピーは、今から5000年も前から始まっていたようです。
古代(紀元前3000年ごろ)エジプトではミイラ作りの際、フランキンセンスやミルラなど防腐効果のある植物を使用して香りをたく習慣が既に存在していました。
中世(11世紀ごろ)では手足が痛む病気を患ったハンガリーの王妃エリザベート1世がローズマリーを含んだ痛み止め薬を使用したところ、症状が良くなっただけではなく
70歳を超えた王妃に隣国の王子が求婚したというエピソードもあったようです。
そして20世紀初頭にリラクゼーション法の一つとしてアロマテラピーが誕生しました。
1931年にフランスの化学者ガットフォセが実験中の事故で火傷を負い、とっさに目の前にあったラベンダーの精油(エッセンシャルオイル)をかけたところ、
みるみる回復したそうです。
その体験をもとにアロマ(芳香)セラピー(療法)を足したアロマテラピーという言葉が誕生したのです。

歴史と反射区

リフレクソロジーをいつどこで誰が始めたのかは未だにはっきり解明されていませんが、中国やエジプト、インド、アメリカなどでは昔から行われていたようです。
そのことは、エジプトの約4500年前の壁画や運殿アユルベーダの記述からも証明されています。
リフレクソロジーが現在のような形態に確立されたのは19世紀初期で、アメリカ人医師ウィリアム・フィッツジェラルド博士がゾーンセラピーを始め、近代リフレクソロジーの基礎を築きました。
博士は身体の一部分への刺激が身体の関連する部分に作用し、その器官に影響を与えるということを発見しました。
そしてアメリカの物理療法士インガム女史がこの考えを推し進め、足の反射療法の理論と技術を確立したのです。
その後沢山の国々でリフレクソロジーが発展し現在に至っています。

また、私たちの足の裏には全身の器官に繋がっている反射区と呼ばれるツボのようなものがあります。
この反射区に特別なトリートメントを行うことで血液やリンパの流れを改善するのがリフレクソロジー(足裏健康法)です。
足には神経の末端が集中しており、その数はおよそ7200にもなると言われています。
その為、足のリフレクソロジーは身体が健康な状態に戻るのを助け、本来持っている自然治癒力を活性化させるのです。
足の反射区は体の全ての部分とエネルギーの通り道(チャネル)と繋がっており、この反射区に一定の刺激を与えることによりエネルギーチャネルがクリアになり、
身体が本来持っている癒しのエネルギーが滞りなく流れるようになるのです。
その為、リフレクソロジーはストレスを解消し血液循環を促進し、身体のバランスを回復するなど、素晴らしい効果を実感することが出来るリラクゼーションの方法と言えるでしょう。

リフレクソロジー

リフレクソロジーの歴史は遠くエジプトやインド、中国にまでさかのぼり、現在も世界各国で様々な形で行われています。
リフレクソロジーの考え方は身体の各部分に反応する足の反射作用を利用した療法で手と指による足底への刺激を体の各部位へ反射させ、身体の恒常性を保たせようとするものです。

また、リフレクソロジーはストレスを軽減し深いリラックスをもたらしたり、血液やリンパの流れを良くし体内の老廃物の排泄を促進し、心身のバランスを取ってエネルギーを高めると言われています。

一般的にリフレクソロジーは東洋式と英国式が知られていますが、東洋式は指の関節を使って行われる為、強い痛みを伴うことが多く、反対に英国式はソフトなタッチで行われリラクゼーションが得られるスタイルのようです。

英国式とは主に欧米で発展したリフレクソロジーに対して使われている呼び方で、英国式という方式は実際には無いようです。
刺激に弱く痛みをストレスと捉える欧米人のリフレクソロジーはかなりソフトタッチで、日本人には少し物足りなく感じることが多いようです。
その為、欧米式をもとにリラクゼーションも重視し、気持ちいい程度の刺激を与える形にアレンジしたものが英国式と呼ばれているようです。
東洋式とはスイス人のカトリック宣教師のジョセフ神父が布教活動の為に訪れた台湾でリフレクソロジーを人々にやってあげたのが始まりのようです。
その後、中国やシンガポール、マレーシアに紹介して徐々に広まっていきました。
ジョセフを中国語にすると若石になることから東洋式(中国式・台湾式)リフレクソロジーは若石健康法とも呼ばわれています。
東洋式のリフレクソロジーは指の関節を使って行われるので強い痛みを伴うことが多く、最近ではアロマテラピーと組み合わせたり、アレンジして行われることが多いようです。

リラクゼーション

リラクゼーションとは身体的・精神的・情緒的緊張の無い状態、心身共に緊張やストレスから解放された状態のこと、またリラックスした状態へ誘導する為の手段や方法のことを指します。

リラクゼーションすることにより副交感神経が優位になり、心拍数や呼吸数、筋緊張が減少し、抹消循環が増加します。また、α波が活発となってストレスの軽減や解消、疲労回復、身体的な緊張や痛みの緩和、免疫機能の高まりによる自然治癒力の向上、イライラしなくなり、落ち着きが得られる、健康維持の増進、ストレス状態の下でも冷静に適切な行動を取ることが出来る、良い睡眠が得られる、などリラクゼーションすることにより沢山の効果が得られます。



岩盤浴

リラクゼーション、特に体の芯から温まる効果があるとして岩盤浴があります。
岩盤浴とは温かい岩盤の上に横になって汗を流す水の無いお風呂のことで、サウナのようなものです。
温めた天然鉱石から放出される遠赤外線が体内を刺激し、新陳代謝を促進させ大量の汗と共に老廃物を排出します。
その為、岩盤浴は遠赤外線熱エネルギーによる発汗作用とマイナスイオンによるリラクゼーション効果、低温のリラックスした状態での温熱効果を期待することが出来ます。
また、岩盤浴でよく使用されている岩盤はゲルマニウムを多く含む鉱石で、温度や光、電磁波などの刺激でマイナス電子を放出体内に送り中和させ、継続的な刺激を与える性質があります。
その為、よりリラクゼーション効果を得ることが出来るのです。
ストレスが溜まっておられる方、一度岩盤浴に足を運んでみて下さい。

岩盤浴はお湯の中に入るわけではなく、温められた天然石の岩盤の上に静かに身体を横たえるだけの温浴です。
岩盤浴の温かい石からは遠赤外線が放射され身体の芯まで温めてくれます。
その為、ゆっくりと発汗作用が現れてサラサラの汗がじんわりと滲み出てきます。
また、身体を横たえている天然石からはマイナスイオンも発生しているのです。
マイナスイオンは空気の澄んだ森林や高原などに多く存在すると言われており、空気中に存在する放射線などから分離したマイナス電気を帯びた物質で見ることも
触れることも出来ません。
そして、体内に入ると新陳代謝を促進しリラクゼーション効果があると言われています。
岩盤浴は遠赤外線とマイナスイオンの働きによって小さな粒のサラサラな良い汗をかき、新陳代謝を高めて人間の身体に備わっている自然治癒力を強めてくれる、
健康的で新しいリラクゼーション法の一つであることを覚えておきましょう。


オーラソーマ

オーラソーマのオーラ(Aura)は光、ソーマ(Soma)は身体を表現しており、オーラソーマ(Aura-Soma)には「人間は光の存在」というメッセージが込められています。
オーラソーマは1983年にイギリスのヴィッキー・ウォール女史によって奇跡的に生み出されたカラーセラピーの一種で、現在世界60カ国以上で注目を浴びており、
日本では1995年ごろから一般的に利用されるようになりました。
オーラソーマは色を通じて毎日の生活の中に自然界の生きたエネルギーを取り入れ、心と身体のバランスを整えて自己治癒力を活性化させ、最も自分が幸せだと感じる
芳香に導いてくれるリラクゼーションの方法です。
また、オーラソーマはあなたの本質、あなたが何の為にこの世に生まれてきたのかを教えてくれるカラーセラピーでもあります。

カラーセラピーとは日常生活の中に色を取り入れて心や身体に安らぎを与え、バランスの取れた健康な状態を取り戻そうというリラクゼーションの一つです。
オーラソーマもこのカラーセラピーの一種です。
しかし、従来のカラーセラピーとオーラソーマが大きく違うのは、オーラソーマはとても奥の深い理論に裏付けられたセラピーだということです。
オーラソーマはもちろん科学的な理論にも基づいていますが、それよりも大きな真理と神秘に満ちたセラピーでもあります。
占星術やユダヤの秘教カバラ、中国の易、タロットなどの神秘の世界と深く関わっており、その神秘の部分が自分が知らなかった部分、今まで抑制していた部分、
もっと奥深い部分という、目には見えないけれど自分の人生に大きな影響を与えている部分を知ることが出来るのです。
現在オーラソーマは個人の意識の進化と個性を引き出す色彩を超えたツールとして位置づけられ、イクイリブリアムボトルのほか様々なプロダクツと共に
カラーケアシステムと呼ばれ、ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアなど世界各国に広まっています。


アロマテラピー

アロマテラピーとは薬草や花などの香りによって心と身体を健康にする芳香療法でリラクゼーションの一つです。
香りが脳を刺激し、ホルモンの分泌を調整したり、免疫力を高めたり、心身のトラブルを予防して改善してくれます。
このアロマテラピーは気休めではありません。
現代ではエッセンシャルオイルに含まれる成分の研究が推し進められ、人間が本来持っている自然治癒力に働きかける有効な手段として注目されています。
植物の力を利用するアロマテラピーは使いかたさえ間違えなければ自然の大いなる力が健康で美しい体を取り戻すサポートをしてくれます。
もちろん効果が現れるのは体だけではありません。
アロマテラピーの最大の魅力は心理的にも働きかけてくれる点です。
ストレスの多い現代社会の中で、アロマテラピーは私たちの強い味方になってくれるでしょう。

香りの効能を取り入れるアロマテラピーは、今から5000年も前から始まっていたようです。
古代(紀元前3000年ごろ)エジプトではミイラ作りの際、フランキンセンスやミルラなど防腐効果のある植物を使用して香りをたく習慣が既に存在していました。
中世(11世紀ごろ)では手足が痛む病気を患ったハンガリーの王妃エリザベート1世がローズマリーを含んだ痛み止め薬を使用したところ、症状が良くなっただけではなく
70歳を超えた王妃に隣国の王子が求婚したというエピソードもあったようです。
そして20世紀初頭にリラクゼーション法の一つとしてアロマテラピーが誕生しました。
1931年にフランスの化学者ガットフォセが実験中の事故で火傷を負い、とっさに目の前にあったラベンダーの精油(エッセンシャルオイル)をかけたところ、
みるみる回復したそうです。
その体験をもとにアロマ(芳香)セラピー(療法)を足したアロマテラピーという言葉が誕生したのです。


歴史と反射区

リフレクソロジーをいつどこで誰が始めたのかは未だにはっきり解明されていませんが、中国やエジプト、インド、アメリカなどでは昔から行われていたようです。
そのことは、エジプトの約4500年前の壁画や運殿アユルベーダの記述からも証明されています。
リフレクソロジーが現在のような形態に確立されたのは19世紀初期で、アメリカ人医師ウィリアム・フィッツジェラルド博士がゾーンセラピーを始め、近代リフレクソロジーの基礎を築きました。
博士は身体の一部分への刺激が身体の関連する部分に作用し、その器官に影響を与えるということを発見しました。
そしてアメリカの物理療法士インガム女史がこの考えを推し進め、足の反射療法の理論と技術を確立したのです。
その後沢山の国々でリフレクソロジーが発展し現在に至っています。

また、私たちの足の裏には全身の器官に繋がっている反射区と呼ばれるツボのようなものがあります。
この反射区に特別なトリートメントを行うことで血液やリンパの流れを改善するのがリフレクソロジー(足裏健康法)です。
足には神経の末端が集中しており、その数はおよそ7200にもなると言われています。
その為、足のリフレクソロジーは身体が健康な状態に戻るのを助け、本来持っている自然治癒力を活性化させるのです。
足の反射区は体の全ての部分とエネルギーの通り道(チャネル)と繋がっており、この反射区に一定の刺激を与えることによりエネルギーチャネルがクリアになり、
身体が本来持っている癒しのエネルギーが滞りなく流れるようになるのです。
その為、リフレクソロジーはストレスを解消し血液循環を促進し、身体のバランスを回復するなど、素晴らしい効果を実感することが出来るリラクゼーションの方法と言えるでしょう。


リフレクソロジー

リフレクソロジーの歴史は遠くエジプトやインド、中国にまでさかのぼり、現在も世界各国で様々な形で行われています。
リフレクソロジーの考え方は身体の各部分に反応する足の反射作用を利用した療法で手と指による足底への刺激を体の各部位へ反射させ、身体の恒常性を保たせようとするものです。

また、リフレクソロジーはストレスを軽減し深いリラックスをもたらしたり、血液やリンパの流れを良くし体内の老廃物の排泄を促進し、心身のバランスを取ってエネルギーを高めると言われています。

一般的にリフレクソロジーは東洋式と英国式が知られていますが、東洋式は指の関節を使って行われる為、強い痛みを伴うことが多く、反対に英国式はソフトなタッチで行われリラクゼーションが得られるスタイルのようです。

英国式とは主に欧米で発展したリフレクソロジーに対して使われている呼び方で、英国式という方式は実際には無いようです。
刺激に弱く痛みをストレスと捉える欧米人のリフレクソロジーはかなりソフトタッチで、日本人には少し物足りなく感じることが多いようです。
その為、欧米式をもとにリラクゼーションも重視し、気持ちいい程度の刺激を与える形にアレンジしたものが英国式と呼ばれているようです。
東洋式とはスイス人のカトリック宣教師のジョセフ神父が布教活動の為に訪れた台湾でリフレクソロジーを人々にやってあげたのが始まりのようです。
その後、中国やシンガポール、マレーシアに紹介して徐々に広まっていきました。
ジョセフを中国語にすると若石になることから東洋式(中国式・台湾式)リフレクソロジーは若石健康法とも呼ばわれています。
東洋式のリフレクソロジーは指の関節を使って行われるので強い痛みを伴うことが多く、最近ではアロマテラピーと組み合わせたり、アレンジして行われることが多いようです。